コラム

正解の存在しない問題を自ら定義する

 著書『破壊的イノベーションの起こし方』著者松本勝 によると日本人は、「正解の存在しない問題を自ら定義する」という経…

経営者の心配性は、引きこもり経営になる?

 コロナの危機的状況は皆同じですが、苦しい内情はそれぞれ違います。そこに差が出るのは、日ごろの経営のスタンスかと考え…

イノベーターはまず自分の常識を疑え。

 いま、悩んでする。 思考が硬直化しているようだ。何を考えても自分の枠から出られない。 このような状況は、思…

フェイスブックの社名が「メタ」に決まりました。

 FBの社名が「メタ」に決まりましたが、意外な名称に驚いています。メタの意味は、高次のといった抽象的な意味でしかない…

感動した「正解が存在しない問題を自ら定義する」経験が不足しているとう文言に!!

 日本がイノベーションを起こせない理由の一つに「正解が存在しない問題を自ら定義する」力が不足していると『破壊的イノベ…

まずは、自社の規模に応じたイノベーションを起こすことを考える

 昨日ある企業の会社の会長と社長さんにお会いすることができた。その際に「企業の継続的存続はイノベーションを起こすこと…

5時間の社員研修は

 10月14日(木)5時間の社員研修を依頼を受けて、ある機械メーカーの研修室で研修を行いました。対象社員は、企画室の…

これからの新しい時代に向かって夢を語る

 今の日本の現状を考えると不満ばかりが出てきてしまう。政治が悪い、社会が悪い、家庭はDVや離婚が増えている等 流…

「二兎追うものは一兎も得ず」は間違いです

 「二兎追うものは一兎も得ず」は多くの方の脳裏には刻み込まれていると思います。しかし、この諺が,今の時代に意味がある…

「人は身近な問題にしか目が向かない」傾向にある

 コロナ禍でどこの企業も大変な思いをしています。 当協会も仕事が増えないこともあり、やり残している仕事の整理をしてい…

さらに記事を表示する

カテゴリー

PAGE TOP