能力検定

能力検定

イノベーションを起こすには最低限どのような能力が必要かを確定し、それをイノベーターが習得することでイノベーションを起こそうとするものです。このようなイノベーターを育成することを目的にした能力検定試験制度です。
4級 3級、2級、1級の4つのコースに分けて検定試験を行います。4級と3級はイノベーションを起こすことに興味を持ってもらうこと、また、イノベーションを起こすには自分自身を良く知ることが必要です、自己理解をとおして本質の追求や洞察力を磨く、知識、知恵の違いなどを学ぶことでイノベーターとしての素養を身に付けます。
2級と1級の違いは、2級は、起業する際に必要な能力を習得し、事業を進めるに当たってはイノベーションの重要性を理解し、成功する可能性を高めていくためのサポートをします。
1級は、現在すでにイノベーションを起こそうとしている方たちをサポートするための級です。イノベーションを起こすには組織的、且つチームになって活動する必要性を理解していただき、チエンジリーダとしての力や、事業規模の拡大を図るためのM&Aの知識や手続きを学んでいくコースです。

PAGE TOP