「人は身近な問題にしか目が向かない」傾向にある

 コロナ禍でどこの企業も大変な思いをしています。
 当協会も仕事が増えないこともあり、やり残している仕事の整理をしている。
また、今度このような危機問題が起きた場合の対応も考えています。
 周りの友人に今後どのように危機管理対応をするつもりか聞きますが、
明快な答えはあまり、返ってきません。
 危機管理とは未来の目に見えない問題に対応することですが、
あまり身近な問題として考えていない感じがしました。
 日本イノベーター能力検定協会は、イノベーターの育成が主な仕事ですが、
近未来の危機管理をサポートする社員研修も行っています。
 喉元(のどもと)過(す)ぎれば熱(あつ)さを忘(わす)れる。では
どこかでつまずいてしまします。
 近未来を見据えた経営スタイルで、是非「ピンチはチャンス」にして
大きくなっていただきたい。

カテゴリー

PAGE TOP